研究開発費が安いジェネリック医薬品

医薬品の特許期間が終了した後で、当該医薬品と同等の有効成分、用法、効能・効果を有するものが製造販売承認されます。これが後発医薬品です。日本、アメリカ、EUとも、医師等が後発医薬品を有効成分の一般名で詳報する場合があることから、「ジェネリック医薬品」とも呼ばれます。

医療費抑制政策の一翼を担うか

後発品の声望販売承認申請に際しての添付資料は、先発品のそれと比べて量的に少なくて済みます。必要とされる資料は、通常、当該医薬品の規格および試験法、それに基づく安全性試験および生物学的同等性試験の資料でよいとされています。

このように、後発医薬品は先発品に比べて、研究開発費および開発期間が大幅に少なくて済むため、より安価で供給できるのが一番のメリットです。後発医薬品の促進が、増大を続ける医療費を抑制するうえで、大きな期待をかけられていることは当然といえるでしょう。