調剤・病院・薬局薬剤師に求められる役割

「調剤を実施するや局」は医療法の改正によって「医療提供施設」と明示されることになったため、従来の薬局とは異なり、医療安全体制の整備、薬局機能公表の義務化などが求められ医療機関と同様の扱いを受けることになりました。

医療人として日々研鑽

しかし、そこで働く薬剤師の役割は普遍です。まず処方箋の調剤が基礎となり、医薬品を通じて医療社会に貢献し、薬の専門家としての職能を生かし、医薬品供給をはじめとして、安全で有効な薬物療法を実施、副作用、医薬品情報を患者さんに提供します。

病院薬剤師は、今後高度化する医療に対し、医療事故が起きないように、病棟で医療安全を確保すべく、その一端を担います。そして疼痛緩和に関する薬の専門家としての助言、がん患者に対する抗がん剤治療計画に薬剤師の観点から参画するチーム医療、糖尿病のインスリン導入患者への医師、看護師との連携医療、特殊院内製剤を作る技術、重要事項を医師、看護師に伝える体制作りなどどれも重要な職務ばかりです。

また、薬局薬剤師はプライマリ・ケア薬剤師として、地域住民に対する決め細やかなフォローが必要です。医師と患者の間たち、患者さんが医師に表現できないことを手助けします。基礎医学の知識のない患者さんが医師の説明を理解できるように、病態、生理、解剖、検査値に関する一般論の知識教育をしてあげます。

セルフメディケーションや在宅訪問指導も重要です。健康食品などの相談、健康保持のための生活相談。そして、自宅で看取りをしてほしい患者さんの在宅医療、介護にも手助けが必要です。かかりつけ薬局、薬剤師の選び方にもこのような観点が必要とされてくるでしょう。

特に薬剤師は薬の専門家であるため、薬の服用の仕方、副作用などに関する知識は勿論、病態や検査値、治療法なども心得があります。つまり医薬品の薬理作用が説明できるということは、病態と薬理作用の関係が理解できているということです。

単に服薬指導だけでなく、医師の説明が不十分なとき、説明されたが理解できなかったが、医師は多忙そうだったので再度話を訊けなかったなどのときに、薬剤師は医師に代わって、その薬がどのような病態に効くのかの説明、検査値についての説明などを患者さんに行います。