調剤・病院・薬局薬剤師に求められる役割

「調剤を実施するや局」は医療法の改正によって「医療提供施設」と明示されることになったため、従来の薬局とは異なり、医療安全体制の整備、薬局機能公表の義務化などが求められ医療機関と同様の扱いを受けることになりました。

医療人として日々研鑽

しかし、そこで働く薬剤師の役割は普遍です。まず処方箋の調剤が基礎となり、医薬品を通じて医療社会に貢献し、薬の専門家としての職能を生かし、医薬品供給をはじめとして、安全で有効な薬物療法を実施、副作用、医薬品情報を患者さんに提供します。

病院薬剤師は、今後高度化する医療に対し、医療事故が起きないように、病棟で医療安全を確保すべく、その一端を担います。そして疼痛緩和に関する薬の専門家としての助言、がん患者に対する抗がん剤治療計画に薬剤師の観点から参画するチーム医療、糖尿病のインスリン導入患者への医師、看護師との連携医療、特殊院内製剤を作る技術、重要事項を医師、看護師に伝える体制作りなどどれも重要な職務ばかりです。

また、薬局薬剤師はプライマリ・ケア薬剤師として、地域住民に対する決め細やかなフォローが必要です。医師と患者の間たち、患者さんが医師に表現できないことを手助けします。基礎医学の知識のない患者さんが医師の説明を理解できるように、病態、生理、解剖、検査値に関する一般論の知識教育をしてあげます。

セルフメディケーションや在宅訪問指導も重要です。健康食品などの相談、健康保持のための生活相談。そして、自宅で看取りをしてほしい患者さんの在宅医療、介護にも手助けが必要です。かかりつけ薬局、薬剤師の選び方にもこのような観点が必要とされてくるでしょう。

特に薬剤師は薬の専門家であるため、薬の服用の仕方、副作用などに関する知識は勿論、病態や検査値、治療法なども心得があります。つまり医薬品の薬理作用が説明できるということは、病態と薬理作用の関係が理解できているということです。

単に服薬指導だけでなく、医師の説明が不十分なとき、説明されたが理解できなかったが、医師は多忙そうだったので再度話を訊けなかったなどのときに、薬剤師は医師に代わって、その薬がどのような病態に効くのかの説明、検査値についての説明などを患者さんに行います。

海外旅行の注意点:てんかんの持病がある場合

日本国内で約100万人以上いるといわれるてんかんの患者さんですが、医薬品の進歩により一部の難治性のケースを除いては、日常生活には支障がなく海外旅行も可能になりました。ここではてんんかんの持病がある方が旅行をする際のポイントをまとめています。

睡眠不足、過労はてんかん発作の誘因となることが知られています。適度な飲酒は発作に影響ないことが報告されていますが、飲みすぎは禁物です。小児場合はけいれん発作を誘発することが知られており、旅行中に最も頻度の高い病態となっています。フロリダの大手テーママークを訪れた子供の神経疾患で一番多かったのがけいれん発作であることが報告されています。

成人女性の場合、てんかん発作と月経との関連が指摘されています。女性ホルモンのプロゲステロンには抗痙攣作用があり、プロゲステロンの分泌が減少する月経開始の時期に発作が起こりやすくなります。旅行中に感染症にかかり抗菌薬を内服する際にも、注意が必要です。ペニシリン系、セプァロスポリン系、カルバペネム系、キノロン系、抗マラリア薬がけいれん発作を誘発することが知られています。

高度飛行中の航空機内の酸素分圧は、高度2500メートルの高地に相当するされ、低酸素状態は発作を助長するので、海外旅行で長時間飛行機に搭乗する方は注意が必要です。民間航空会社の80%以上で乗務員にてんかん発作の教育が行われており、50%以上の航空機で抗てんかん薬のジアゼパムが用意されています。しかしながら航空会社によって態勢に差があるので、頻繁に発作を起こす患者さんは、事前に確認したほうがよいでしょう。

海外旅行には時差がつきものです。時差による睡眠不足、過労はてんかん発作の誘因となります。人気観光地であるハワイの病院の救急医によると、同地を訪れる日本人において、初発痙攣発作がたびたびみられるとの報告があります。睡眠をとらないことが原因です。

原則的には時差に関係なく、内服を継続することで対処できますが、日付変更線を超えた場合には、1回多めに薬を内服しましょう。時差を伴う睡眠障害を軽減する薬剤にはメラトニンが海外で処方箋なしで入手できますが、てんかんの患者さんの場合は発作を誘発することがあるので避けたほうがよいでしょう。

抗けいれん薬を内服している患者さんは、出発前に医師の診察を受けて海外旅行用の診断書を書いてもらうことをお勧めします。医師が診断書に明記する項目としては、病名だけでなく発作のタイプと頻度、最近のコントロール状態、内服している薬品名、内服量などです。医師の連絡先も記載してもらい、緊急時に連絡が取れると便利です。

内服薬を多めに携行する場合には、入国審査や通関であらぬ誤解を受けないように診断書を見せ、内服薬は薬剤名が記されているタグのついた形で所持するとよいでしょう。てんかんの患者さんも含め、さまざまな病気を持つ人も、事前に十分余裕を持って計画を立てれば、安全な旅行が楽しめる時代になりました。

医師による適応外処方の問題

医療機関にかかると医師は患者の疾患を診断した上で薬を処方しますが、基本的に厚生労働省によって承認された適応症の範囲内で承認された用法と用量に従います。適応となっていない別の病気に使用した場合、その薬が重大な副作用を引き起こすリスクがあるためです。

しかし、日本よりも新薬の承認審査が早い海外で実際にその疾患に対する治療薬として使用され、薬の効き目や安全性に関して、信頼できるデータがある場合や、行政の承認はないものの、国内で多くのエビデンスが認められている場合などに、担当医師の判断で適応外の処方が行われる場合があります。これが「適応外処方」です。

この場合、保険診療とはならないため、患者の同意のもとで行われる自由診療ということになり、高額な治療費がかかることになります。そのため、適応外処方は、国内で現在承認されている治療法では患者に効果が見られないなど、やむを得ずに行われるケースが大半です。

保険が適用されず高額な医療費がかかるため、患者の負担を慮った医師が、保険が適用される別の病気と偽って診断をし、適応処方の形で薬を出す場合もあり、問題となっています。